PRODUCT製品一覧

DRMPDFセキュリティソフト

DRM パッケージ画像

DRMは、電子文書のセキュリティを実現するコンテンツ管理ソリューションです。
PDFファイルの暗号化に加えアクセス制御や閲覧統計情報などの豊富なセキュリティ機能により、利便性とセキュリティを管理することができます。

機能・特徴

PDFファイルへのセキュリティ付与

機密文書や個人情報資料、設計書などの重要なPDFファイルにアクセスがあるときに、リアルタイムで暗号化を行い、ユーザー権限ポリシーに基づいた制限を可能にします。

  • ユーザー別の権限設定

    運営者やユーザー等
    レベルに応じた
    権限を設定

  • IPアドレス制御

    IPアドレスによる
    アクセス権限を設定

  • 保存防止

    パソコンなどへの
    保存を防止

  • 有効期限設定

    文書の閲覧有効期間を
    設定

  • 印刷防止

    プリンターによる印刷を防止

  • ウォーターマーク

    ウォーターマーク(透かし)
    による文書偽造や
    改ざんを防止

  • テキストのコピー防止

    テキストのコピーによる
    不正使用を防止

  • ユーザー統計情報

    閲覧履歴を統計的に
    確認可能

  • 画面キャプチャー防止

    画面キャプチャーの
    取得を防止

ユーザー別の権限設定

運営者やユーザー等
レベルに応じた
権限を設定

IPアドレス制御

IPアドレスによる
アクセス権限を設定

保存防止

パソコンなどへの
保存を防止

有効期限設定

文書の閲覧有効期間を
設定

印刷防止

プリンターによる印刷を防止

ウォーターマーク

ウォーターマーク(透かし)
による文書偽造や
改ざんを防止

テキストのコピー防止

テキストのコピーによる
不正使用を防止

ユーザー統計情報

閲覧履歴を統計的に
確認可能

画面キャプチャー防止

画面キャプチャーの
取得を防止

専用のビューアソフトによる閲覧

DRMでセキュリティを付与したPDFファイルをクライアント上で閲覧するときは専用のビューアソフト(Reader)が必要となります。
万が一不正に外部にファイルが流出してしまっても専用の閲覧ソフトによるセキュリティ機能で不正に閲覧されることを防げます。

既存ファイルシステムとの連携

セキュリティポリシーを設定すれば既存のファイルシステムと連携し、ファイルシステム内のPDFファイルを自動的に暗号化できます。
これまでのシステムにDRMサーバーを追加していただくだけですので、導入が容易です。

WorkFlowとの連携

DRMはWorkFlowでPDF変換したファイルを受取り、セキュリティを付与することができます。
PDF変換からセキュリティ付与し、所定の場所に配置するまでの処理を自動的に行うことができ、さまざまなアプリケーションで作られた資料にも対応することができます。

ご利用シーン

社外秘情報の管理

セキュリティを設定したファイルを特定のユーザーに配布することができます。 もし誤って第三者へ配布してしまった場合でも、第三者は閲覧できません。全ユーザが閲覧可能な設定がされているファイルが、もしも外部に流出してしまった場合でも、流出後に全ユーザの閲覧を停止させることができます。

電子書籍サービスのセキュリティ向上

電子書籍や電子図書などの配信サービスにDRMを組み込むことで有効期限付きのレンタルサービスに利用可能です。 コンテンツを購入した利用者のみが閲覧することができ、コンテンツが流出しても他の利用者からの閲覧を防止します。

動作環境

項目 動作環境
OS Microsoft Windows Server 2003以上
CentOS 5.0以上
Solaris 10以上
Red Hat 5.0以上
HP-UX 11i v2以上
IBM AIX 5.3以上
CPU Intel Xeon 2.0GHz 以上
Memory 4GB
Disk 500MB
製品のお問い合わせはこちら