PRODUCT製品一覧

WorkFlowPDF変換ソフト

WorkFlow パッケージ画像

WorkFlowは、さまざまなアプリケーションで作成されたドキュメントや画像などをサーバーサイドでPDFへ変換し一元管理できる電子文書アーカイブソリューションです。
単体でのご利用はもちろん、DRMとの組み合わせにより、セキュリティが付与されたPDFに自動変換することが可能です。

機能・特徴

サーバーサイドでPDF変換

クライアントソフトでPDF変換を行う場合、全社員のPCにインストールする必要があり、OS毎の対応やバージョン管理に多くのコストがかかる可能性があります。
WorkFlowはサーバーサイドでPDF変換するソリューションです。管理が簡単であり、クライアント数に依存しないためコストを抑えることができます。
PDF変換用に多様なAPIを用意しておりますので、システム連携によるPDF変換処理を自動化できます。
ブラウザ経由で元ファイルをアップロードするだけで任意の場所にPDF変換したファイルを配置する利用方法などもあり、お客様のニーズや既存環境に合わせて導入しやすいのが特徴です。

対応アプリケーション

PDF変換可能なアプリケーションは以下のとおりです。

  • MicroSoft Office 2007以上
    • Word
    • Excel
    • PowerPoint
  • jpeg
  • tiff
  • txt
DRM連携

PDFセキュリティソフトのDRMと組み合わせることにより、セキュリティが付与されたPDFに自動変換して一元管理することが可能です。

Load Balancing

PDF変換処理を複数サーバーで分散することが可能なため、大規模システムにも適したソリューションです。
複数サーバーによる冗長構成が組めますので、サーバー障害時でも安定したシステム運営を継続することができます。
Load Balancing機能をWorkFlowサーバーに内蔵していますので、 Load Balancing機器を別途用意する必要はなくコストを抑えることができます。

長期保存

ISO 19005 PDF/A-1(文書長期保存フォーマット)変換に対応しているため長期保存するドキュメントの管理に向いています。

ご利用シーン

大量ドキュメントを一括PDF変換

これまでパソコンで1つ1つPDFファイルに変換していたた作業を、WorkFlowを導入すると、まとめてPDFファイルに変換できるようになり、作業時間の短縮や作業漏れの心配などを解消できます。

製造設計書や建設図面、電子帳票の管理

設計書や見積書などをPDF変換することでブラウザや端末の制限にとらわれることがなくなり、ユーザ毎の閲覧権限の制御などのさまざまなセキュリティを付与することができるため、利便性の向上と情報漏洩対策が可能になります。

動作環境

項目 動作環境
OS Microsoft Windows Server 2008 以上
CPU Intel Xeon 2.0GHz 以上
Memory 4GB
Disk 500MB
製品のお問い合わせはこちら